メリットとデメリット電子カルテを運用しよう

時代はIT化がますます進んでいます。IT化の一番のメリットは効率化で、あらゆる分野においてITは効率化を成し遂げてくれます。そして、それは医療の世界も例外ではありません。例外どころか医療現場こそ医療化が図られなければいけない業界です。 一般的にITの導入に適しているのは事務関連の仕事と思われがちです。理由は、最初にIT化が進んだのがPCの導入により事務作業の効率化が進められたからです。例えば、文書の作成や通信手段などです。かつては事務用紙などにボールペンなどで文章を書いて、社内であっても届ける必要がありましたし、社外である場合は切手を貼ってさらに投函する作業まで行わなければいけませんでした。しかし、IT化によりそうした作業は省略することができるようになっています。 同じことが医療業界で電子カルテを運用することで可能になります。

運用することで生じる現場のメリット

これは実際に導入している医療機関で働いている人が最も強く感じることですが、文書作成の負担が少なくなることです。医療現場では報告や連絡の作業が多いですが、紙媒体を利用しますと腱鞘炎になる人さえいます。一見しますと大した問題ではないようですが、毎日のこととなりますと大きな負担となります。その負担をなくすことができます。 次にあげられるのは「カルテの保存場所がいらなくなる」ことです。これは場所の問題もありますが、整理の仕方にも影響しています。例えば紙媒体ですと、カルテを取り出して同じ場所に戻すという作業を毎回する必要がありますが、電子カルテを運用する場合はパソコンの前に座ったままですべての作業を終えることができます。また、過去の履歴も含めて検索もすぐにできるのも作業の効率化に大いに貢献しています。

運用することで生じる現場のデメリット

どんなものにも光と影がありますが、電子カルテを運用する際にもデメリットが生じます。パソコンの取り扱いに慣れている人には問題がありませんが、中高年の中にはパソコンを苦手としている人もいます。そのような人たちが抵抗感を示すことです。具体的にはタイピングなどがありますが、慣れていませんと紙媒体を利用するよりも遅くなったり、本末転倒ですが腱鞘炎になったりします。 しかし、扱いに慣れてきますと、文章を作成する際は単語の候補が提示されたりして効率的に報告書などができるのは間違いありません。インフラ的な不安要素としては停電があります。停電が起きてしまいますとあらゆる作業が止まってしまいますので事前に対策をとっておくことが大切です。例えば、今の時代は自家発電という方法もありますし、そのほかのトラブルに対しても事前にトラブルに備えておくことで防ぐことが大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加