医療事務軽減だけではない、電子カルテの導入メリット

最近、新しくオープンする病院のセールスポイントに、電子カルテ導入という文字が多く見られるようになりました。導入コストが極めて高いとされるシステムではありますが、大病院に限らず個人クリニックでも取り入れるところが増えているのです。 なぜ費用が高いと言われるシステムを、個人で開業するクリニックにまで取り入れる必要があるのか、疑問に思う人もいることでしょう。患者の待ち時間が少なくなると謳われていることもありますが、このシステム導入は患者側のメリットだけでなく、働く側のメリットが大きいことも特徴ではあるのです。 ではその利点について、病院を利用する側から見たメリットと、病院で働く側からのメリット、両方について考えてみると、そのコストに値する価値に気づくことが出来るかもしれません。

患者側が受けることができるメリット

電子カルテの導入と待ち時間の短縮、このふたつがすぐに結びつくという人はあまりいないかもしれません。ただ、順を追って見ていくと、確かに時間短縮になることが理解できることでしょう。従来の紙カルテでは、患者の来院に伴い、保管庫から今までのカルテを取り出してくる必要があります。そのため、来院数が多い大病院ではこの探す作業だけでも膨大な時間をとってしまいます。 データ上にカルテがあれば、医師が診察室のパソコンで簡単に取り出すことが出来、そこに新しい診察内容を記入し保存すれば、ネットワークを通じて事務方に送ることが出来るということです。 つまり医療事務にかかる時間や手間を大幅に減らすことが可能なのです。今まで手作業で行っていたことによる時間のロスを大幅に減らし、結果として患者の待ち時間短縮につながるのです。

病院側が得ることが出来るメリット

医療事務の手間を省くことが出来る電子カルテの導入は、それだけではコストに見合ったものではありません。他にもメリットが多くあるのです。増え続けていく紙カルテでは、その保管も大変なものでした。しかしデータとして保管できるようになれば、場所の問題だけでなく、紛失というリスクを避けることも出来ます。 また、レセプトやカルテ作成時には、チェック機能がついており、人為的なミスを減らすことも可能となっています。 そして、患者の待ち時間短縮は、病院側にとってもメリットがあります。例えば、感染症が流行っている時期などは、待ち時間を減らすことで院内感染のリスクを減らすことが出来るのです。こうした病院側の努力は、新規患者を増やすことにもつながり、経営にも利点が大きいのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加